トップ画像
  • 【お詫び】 9月13日 深夜の緊急車両出動について

    本日午前12時10分ごろ、火災報知器が作動し、消防車やパトカー等の緊急車両5台が、春木中学校に駆けつける事案が発生しました。

    消防署員、警察、警備員とともに、教室、体育館、グラウンドのすべてを点検した結果、体育館の雨漏りによる警報器の誤作動と判明しました。

    保護者の皆さま、校区の皆さまには、深夜にも関わらず、ご迷惑やご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。


  • 【注意喚起】 磯上町2丁目の電柱について

    本日、全校生徒にプリントを配布いたしましたが、岸和田市役所の危機管理課より情報提供がありましたのでお知らせします。

    岸和田市磯上町2丁目2-11(クリックすると地図へ移動します)の敷地内の電柱について、敷地所有者が電柱と地面の間の隙間を確認したため関西電力に対応を依頼しているとのことです。

    生徒の皆さん、保護者の皆さまは、近くを通行する際に細心の注意を払いますようお願いいたします。

     


  • 台風21号による春木中学校の被害状況について

    9月4日(火)の台風21号で、春木中学校も大きな被害を受けました。

    南東からの風がとくに強かったため、南館の理科室、美術室、支援学級のガラスが多数、風圧で割れました。

    ガラスは、飛び石によるひび割れまで含めると、22枚の被害が出ました。

    ガラス片は、グラウンドにも飛び散っていました。

    割れたガラスは回収し、窓は現在は段ボールで目隠しをしています。

     

    体育館は、風圧で屋根の防水シートが飛ばされ、体育館内が雨漏りしました。

    また、ちぎれた防水シートは、グラウンドの端の方まで飛んでいました。

    すぐに市の職員が対応してくれました。現在、修理の手配中です。

    正門横の桜の木は根をむき出しにして倒れていました。

    グラウンドのスギの木も2本折れていました。

    桜の木は学校の職員で撤去しました。スギの木は市で対応中です。

    他にも、防球ネットが風圧で破れてしまったり、空調の室外機が倒れてしまったり、さまざまな爪痕が残りました。

    生徒の学習活動に危険なものは、撤去したり補強したりして、台風から2日後の9月6日(木)から学校を再開しています。

     

    しかし、地域においては、まだ停電や断水が続いている場所もあると伺っております。

    1日も早い復旧を心から願っております。

     

    また、学校近隣のみなさまには、学校から飛散したであろう建材の一部や木の枝葉を、一言の文句も言わずに清掃していただいております。深くお詫び申し上げますとともに、心から感謝申し上げます。


お知らせ一覧