8月6日(月)登校日に映画「まっ黒なおべんとう」を鑑賞しました

2018.08.07 13:44:59

広島の原爆投下から73年目のこの日、映画「まっ黒なおべんとう」をみんなで見ました。

広島の原爆資料館に展示されている、中身が炭になったお弁当箱の話です。



このお弁当箱の持ち主は、当時13歳の少年です。

母に作ってもらったお弁当を食べることなく、原爆によって命を奪われました。

平和な世の中で「生きている」ことは、あたり前ではないのだと、強く感じました。